プロペシアでAGA治療を始めよう

下記の図は、ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれるAGAの進行状況を示す、ハミルトン医師とノーウッド医師が作成した分類法です。
AGA治療を行う現在でも、この分類法を元にして薄毛の進行度合いを基準としてます。

プロペシア

貴方の薄毛はどのパターンでしょうか?

下記の図は、ハミルトン・ノーウッド分類と呼ばれるAGAの進行状況を示す、ハミルトン医師とノーウッド医師が作成した分類法です。AGA治療を行う現在でも、この分類法を元にして薄毛の進行度合いを基準としてます。

Ⅰ型 TypeI

Ⅰ型 TypeI

前頭部の生え際がM字に後退しはじめた状態です。

Ⅱ型 Type II

Ⅱ型 Type II

Ⅰ型が進行した状態です。生え際の後退が目立ちます。

Ⅲ型の Type III

Ⅲ型の Type III

Ⅱ型からさらに進行し、髪全体のボリュームが無くなってきた状態です。

II Vertex 型 Type II Vertex

II Vertex 型 Type II Vertex

Ⅱ型の状態からさらに、頭頂部がO型に薄くなってきた状態です。

III vertex 型 type III vertex

III vertex 型 type III vertex

Ⅲ型の状態からさらに、頭頂部がO型に薄くなってきた状態です。

IV型 Type IV

IV型 Type IV

Ⅲ型からさらに生え際が後退し、合わせて頭頂部もO型に薄くなった状態です。

IV型  Type IV

IV型  Type IV

Ⅳ型がさらに進行し、生え際と頭頂部のO型薄毛部分が繋がりかけている状態。

VI型 Type VI

VI型 Type VI

側頭部に残っている毛髪も薄くなってしまった状態です。

VII型 Type VII

VII型 Type VII

Ⅱ型の状態からさらに、頭頂部がO型に薄くなってきた状態です。

あなたは上記のパターンいづれかに該当していますでしょうか?

AGA治療は症状が進めば進むほど改善されるまでも時間が掛かってしまいます。ですので、早い段階で治療を始めることがAGAの早期改善のポイントとなります。

プロペシア

プロペシアはAGA治療に特化した専門の治療薬です。このAGA治療薬は現在、世界60ヶ国以上でその効果が認められ、薄毛の進行遅延効果、改善効果に期待出来るものとして承認されています。AGA治療薬の中には、海外から個人輸入代行を経由して個人で手に入るものもあります